カードローンの金利の比較の仕方

金利を比較する際の計算方法とは?

カードローンを契約する前にチェックすべきことは金利です。カードローンは金利を比較して選ぶのがいいので、まずは金利について理解することが大切です。
金利は、借入金額×実質年率÷365日×借入日数=利息額で計算されます。この計算を利用して実際の金利がどのくらいかかるかを計算して比較することが大切なのです。
またカードローンは取り扱っている業者が消費者金融なのか銀行なのかによっても金利に差が出ます。消費者金融は利便性や手続きのスピードを重視したサービスを行っているので金利は高めに設定されていますが、銀行カードローンは融資限度額の大きさと低金利を重視したサービスを行っているので、金利は低い傾向です。
また融資金額が大きければ大きいほど、金利は低くなる傾向になっています。

金利以外にも特徴や特典も比較しよう

金利を比較する際のポイントは、適用金利表と上限金利を確認することです。カードローンの商品詳細を見ると実質年率が表記されているので、下限金利が低いものを選びがちですが、はじめての利用で下限金利を適用されることは少ないといえます。したがって適用金利表を確認するのであれば、自分が借りる金額の適用金利帯を探し出し、その上限金利を確認することが大切です。
また、低金利ばかりにこだわっていると、利便性の少ないカードローンを選んでしまうことがあるので注意しましょう。金利だけでなく特徴や特典もよく比較してカードローンを選ぶようにしましょう。低金利にこだわるのであれば、14.5%あたりをボーダーラインとしてカードローンを探すのがいいでしょう。

© Copyright Monthly Repayment. All Rights Reserved.