カードローンの返済計画の決め方

明確な返済計画を立てて必要以上に借りないようにしよう

カードローンでお金を借りる前に行うべきことは、事前に明確な返済計画を立てることです。また、必要最低限の金額のみを借り入れして、できる限り短い期間で返済することを心がけましょう。金利が低いカードローンだからといって無計画にお金を借りているとすぐに借金が膨れ上がってしまいます。特にカードローンの返済方式はリボルビング返済方式が主流なので、知らない内に残高が大きくなってしまう可能性があるので注意が必要です。したがってカードローンを利用する際には、必要最低限の金額のみを借り入れることがポイントになります。
借入がくせになり長期融資になってしまうとなかなか借金地獄から抜け出すこと難しくなるので、事前に明確な返済計画を立てることが大切なのです。

随意返済を利用して計画的に返済しよう

カードローンの返済方法には、毎月決められた金額を返済する約定返済と利用者の意志でいつでも返済することができる随意返済があります。カードローンの約定返済の金額は非常に低く設定されているという特徴があるので、返済期間が長期化してしまう恐れがあります。約定金額は元金と利息の合計なので、約定金額が低いと元金がなかなか減らず返済が長期に及んでしまうのです。
したがってカードローンを早めに返済しようと思っているなら、約定返済に加えて随意返済を利用して計画的に返済するのがいいでしょう。特に約定返済額が少額であるならば積極的に随意返済を行うことが大切です。随意返済を利用することによって自分自身で返済計画を決められるのです。

© Copyright Monthly Repayment. All Rights Reserved.